トーイック(TOEIC)に挑戦しよう!

トーイックは日本で生まれました。

 私達1970年代に大学を卒業した者にはトーイックという言葉は馴染みがない。そこで情報を調べてみました。

トーイックの試験は約60カ国で実施されており、年間延べ40万人以上が受験している大規模な英語の資格試験です。フランスの教育高等機関群グランゼコールの中にはトーイックで750点以上の点数を取得することを卒業の要件としていることもありヨーロッパでもトーイックが徐々に浸透しています。トーイックの受験者の大半は日本人と韓国人です。

 トーイックの試験問題は米国の団体ETS(Educational Testing Service:教育試験サービス)によって作成され、日本では財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が実施します。その原案は故北岡靖男氏らを中心とする日本人のチームによるものでした。トーイックの歴史は1979年日本経済団体連合会(日経連)と当時の通商産業省の要請に応じて米国ETS(Educational Testing Service:教育試験サービス)が開発したものです。

 Test of English for International Communicationを略称「TOEIC」(トーイック)と言います。トーイックは故北岡靖男氏(元国際コミュニケーションズ社長、元「タイム」誌 アジア総支配人)が考案した、日本生まれの試験です。トーイック(TOEIC)とは国際コミュニケーション英語能力テストのことです。

 日本と韓国以外では。世界的にはトーイックの普及度は低いのです。トーイック(TOEIC)は英語が母国語でない人を対象とし、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験です。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。