トーイック(TOEIC)に挑戦しよう!

トーイックは企業向けの測定装置なのだ。

トーイックのスコアのレベルAは730点以上で、どんな状況でも自身の英語力で適切なコミュニケーションが出来る能力を持ち合わせていると言えます。トーイックのスコアが860点以上の高得点の人はレベル@とし、ネイティブなリスニングが可能であり、自身の英語力で十分なコミュニケーションが可能な得点です。又、英語学校等で日本人講師の応募基準にはトーイックスコアが850点以上というところもあり、トーイックのスコアを民間企業等では重く見ています。

トーイックスコアの得点Bは470点以上で自分自身の英語力は日常生活でのニーズを満たしており、限定された範囲内であれば業務上のコミュニケーションが可能な得点です。トーイックのスコアのレベルDは220点未満ではその人の英語能力は殆ど駄目ということを現します。トーイックのスコアを730点以上得点をしている社員から選ぶことが多いようです。トーイックのスコアの平均はおよそですが550点から580点位の様です。
 トーイックのスコアのレベルCは220点以上であり、通常会話でなら最低限のコミュニケーションができるスコアです。トーイックのスコア別の英語力はレベルにより異なります。

 トーイックのスコアで、会社での差別が出来る程に、トーイックは信頼されている資格試験ということが言えます。日本人は低年齢から英語の教育をしないために、国際的に英語能力は低いと言うことが出来ます。そこで、トーイックが開発されたわけですが、民間会社にはとてはいい測定装置となっています。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。