トーイックは大変重要です。

ト−イック(TOEIC)は学校や企業で重要視しています。企業ではトーイックの得点で、海外派遣を決めるところも出てきています。是非、トーイックに挑戦しましょう。

スポンサードリンク

ト−イック(TOEIC)は学校や企業で重要視しています。企業ではトーイックの得点で、海外派遣を決めるところも出てきています。是非、トーイックに挑戦しましょう。

トーイックの活用方法

 私達の年代、1970年代に大学を卒業した者にとっては、英語検定試験はあったものの受験する者は少なく、トーイックという物もなく、英語の実力の把握はあまりできなかった。それに比べて、現在は英語検定試験にトーイックと英語の資格試験が二つもあり、英語の得意な者にとっては良い時代になっていると思われる。

英語の学習能力向上の英語検定試験とトーイックとを両方受験する人がいます。トーイック受験者は試験の得点から正確に自身の英語の能力を把握することが可能で、次回のトーイックテストの目標が立てることが出来ます。トーイックの得点は10点から990点の得点で評価をしています。

 民間会社でのトーイックの活用方法は自己啓発や英語研修の効果を測り、新入社員の英語能力検定や海外出張や駐在の場合の基準、昇格昇進の要件の為と色々な使い方がなされています。トーイック(TOEIC)の活用方法は2004年度では日本国内の約2,500の民間会社や官公庁、学校等がトーイック(TOEIC)を採用しています。トーイックテストの結果は合格、不合格といった形式はとらず、トーイック得点算出の基準は常に一定であり、問題の難易度によってトーイック得点が変化しないようにに調整されています。

 トーイックの活用方法は教育現場に於いては授業の効果を測定し、英語課程の単位を認定する基準として活用されています。その他、トーイックは教育課程では語学入学の推薦基準として活用されています。2006年度のトーイックテスト採用校は大学で436校、短大63校、高専は57校、高校217校であり、現在では中学校でも2校がトーイックテストを受けています。

トーイックは英語検定試験のような受験級の区分はない。トーイックは自分自身の英語能力を測定するために受験する人も多数います。

トーイックは日本で生まれました。

 私達1970年代に大学を卒業した者にはトーイックという言葉は馴染みがない。そこで情報を調べてみました。

トーイックの試験は約60カ国で実施されており、年間延べ40万人以上が受験している大規模な英語の資格試験です。フランスの教育高等機関群グランゼコールの中にはトーイックで750点以上の点数を取得することを卒業の要件としていることもありヨーロッパでもトーイックが徐々に浸透しています。トーイックの受験者の大半は日本人と韓国人です。

 トーイックの試験問題は米国の団体ETS(Educational Testing Service:教育試験サービス)によって作成され、日本では財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が実施します。その原案は故北岡靖男氏らを中心とする日本人のチームによるものでした。トーイックの歴史は1979年日本経済団体連合会(日経連)と当時の通商産業省の要請に応じて米国ETS(Educational Testing Service:教育試験サービス)が開発したものです。

 Test of English for International Communicationを略称「TOEIC」(トーイック)と言います。トーイックは故北岡靖男氏(元国際コミュニケーションズ社長、元「タイム」誌 アジア総支配人)が考案した、日本生まれの試験です。トーイック(TOEIC)とは国際コミュニケーション英語能力テストのことです。

 日本と韓国以外では。世界的にはトーイックの普及度は低いのです。トーイック(TOEIC)は英語が母国語でない人を対象とし、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験です。

トーイックは企業向けの測定装置なのだ。

トーイックのスコアのレベルAは730点以上で、どんな状況でも自身の英語力で適切なコミュニケーションが出来る能力を持ち合わせていると言えます。トーイックのスコアが860点以上の高得点の人はレベル@とし、ネイティブなリスニングが可能であり、自身の英語力で十分なコミュニケーションが可能な得点です。又、英語学校等で日本人講師の応募基準にはトーイックスコアが850点以上というところもあり、トーイックのスコアを民間企業等では重く見ています。

トーイックスコアの得点Bは470点以上で自分自身の英語力は日常生活でのニーズを満たしており、限定された範囲内であれば業務上のコミュニケーションが可能な得点です。トーイックのスコアのレベルDは220点未満ではその人の英語能力は殆ど駄目ということを現します。トーイックのスコアを730点以上得点をしている社員から選ぶことが多いようです。トーイックのスコアの平均はおよそですが550点から580点位の様です。
 トーイックのスコアのレベルCは220点以上であり、通常会話でなら最低限のコミュニケーションができるスコアです。トーイックのスコア別の英語力はレベルにより異なります。

 トーイックのスコアで、会社での差別が出来る程に、トーイックは信頼されている資格試験ということが言えます。日本人は低年齢から英語の教育をしないために、国際的に英語能力は低いと言うことが出来ます。そこで、トーイックが開発されたわけですが、民間会社にはとてはいい測定装置となっています。

トーイックの出題形式が変わった。

トーイックは2006年5月実施のトーイック公開テストから出題形式が新しくなりました。トーイックの構成は、リスニングとリーディングの構成となっています。トーイックはどの問題でも問題用紙の書き込みは禁止されていますので注意が必要です。

トーイックのリスニングセレクションではイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアの発音が25%程度の割合で出ます。このことが大事なことです。トーイックリスニング対策にはCS放送やネットのラジオなどからネイティブな各国の英語に慣れることもトーイックを攻略する秘訣となります。

トーイックの写真描写問題はリニューアル前は20問でしたがリニューアル後10問になりました。トーイックの写真描写問題は問題用紙に写真が1問ずつ掲載され、その写真についての説明が4つあり、正しい答えを選択します。トーイックの写真描写問題は比較的易しい英文を使用していますが解答者が正しい発音やスペルを理解していないとミスをしていまい、点を確保できなくなります。

トーイックの応答問題はリニューアル後も30問で、変更点はありません。トーイックの応答問題は質問文が1つに対して解答が3つ読まれ、その中から、正解を導きます。トーイックの応答問題の質問文は簡単なYES・NOのような答えではなく質問文の疑問詞に対して適切な答えである文が正解文として着目すると良いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。